アレルギー鼻炎は乳酸菌で改善される?

アレルギー性鼻炎には、ダニ・ホコリ・カビなどが原因でおこる「通年性アレルギー性鼻炎」と花粉が原因でおこる「季節性アレルギー性鼻炎」があります。アレルギー性鼻炎の患者数は年々増えており、日本人の約20%に症状があらわれているといわれています。

 

花粉症の原因である植物には、スギ・ヒノキなど他にも色々ありますが一般的に知られているのは「スギ花粉」です。

 

花粉症はアレルギーの一種で、目・鼻・口から侵入して粘膜に付着します。そして付着した花粉を体が「敵」と判断し、体の外に追い出そうとします。

 

その時に登場するのがIgE抗体という物質です。IgE抗体は、粘膜にたくさんある肥満脂肪とくっつきますが、この肥満細胞は、白血球の仲間で化学物質をたくさん持っています。

 

そこに花粉が入ってくるとIgE抗体と花粉がくっついて肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエンなどの物質が放出されます。

 

これらの物質が原因で神経・血管が刺激されてしまい花粉症の症状である涙やくしゃみ・鼻水などの症状が出るのです。いわゆる花粉症というのは体の過剰反応です。

 

乳酸菌でアレルギー性鼻炎を予防できる理由

多くの人が発症しているアレルギー性鼻炎の症状を乳酸菌で予防することが今注目され始めています。

 

アレルギー性鼻炎の症状がおこる原因はハウスダストや埃、ダニ、花粉等が鼻の中に入り込み、粘膜に炎症が起こるためで、炎症ができた結果、くしゃみや鼻水といった症状が現れます。

 

では、なぜ乳酸菌でアレルギー性鼻炎を予防できるのか。それは、乳酸菌にはT細胞のバランスと整える働きがあるからです。

 

人間の免疫バランスは感染に働くT細胞と免疫調整に働くT細胞、アレルギーに働くT細胞、この3つのT細胞がバランスを取りながら免疫を保っています。

 

しかし環境や体調不良等様々な原因でこのバランスが崩れるとハウスダスト等のアレルゲンが入り込んだ時にアレルギー反応を起こしてしまうのです。

 

乳酸菌を摂取するとこの免疫反応に司るT細胞のバランスを整え、アレルギー症状を予防することができます。

 

免疫力が強い人

毎年風邪をひいてしまう人、全く風邪をひかない人の違いには「免疫力」が関わっています。

 

腸は口から含んだ栄養素を吸収できる場所ですが、実は抗原体の入口にもなっています。そのため体に容易に抗原が入ってしまうのを防ぐために免疫細胞が腸内に多く存在しています。

 

腸内環境が良好な場合は免疫細胞も強く、抗原体に対し活発に働きかけウイルスの侵入を防げますが、悪玉菌が多い劣悪な腸内環境では免疫細胞が十分に働けず体内への抗原の侵入を許してしまいます。

 

この免疫細胞の活発化に大きく関わっているのが乳酸菌です。乳酸菌は免疫細胞を活性化させる働きを持っているので乳酸菌をとることは免疫力UP=花粉症やアレルギー性鼻炎の予防に役立つということなんですね。

 

シェイプアップ乳酸菌は市販のヨーグルトに含まれている乳酸菌とは違い腸内に定着する乳酸菌が配合されています。腸内環境をよくすることはダイエット効果を高めるだけではなく体の免疫力を上げてくれることにもつながります。

 

体型も気になるしいつも風邪っぴきで体調を崩しやすい…そんな方はシェイプアップ乳酸菌で体質改善をされてみてはいかがでしょうか?