乳酸菌でインフルエンザウイルスを撃退!?

実は、乳酸菌をたっぷり摂取することがインフルエンザの予防になるというのをご存知ですか?

 

乳酸菌は体内の免疫力や抵抗力を高めてくれるため、インフルエンザウイルスが体内に侵入してしまっても、発症を予防してくれる可能性があるのです。

インフルエンザ発症メカニズム

毎年たくさんの人が苦しんでいる「インフルエンザ」。高熱や嘔吐をはじめとして、様々な症状があり、風邪より更に重病化しやすいことで、効果的な防止対策をすることはとても重要になっています。

 

インフルエンザは非常に強いウィルスで、空気感染や飛沫感染など、様々な感染ルートを通って来ます。

 

インフルエンザを発症しておらず、保菌しているだけの人からも空気感染する可能性があるため、ひとたび流行してしまうと、誰しもがインフルエンザウィルスの媒介になってしまう危険性があります。

 

呼吸器系をはじめとして、粘膜が感染経路になってしまうパターンもあるため、インフルエンザの人のくしゃみや吐しゃ物などからウィルスを含んだ粒子が飛び散り、それを鼻や口から吸いこむことでも感染しています。

 

潜伏期間は1日から5日程度であり、上気道の不調から全身に症状が広がっていってしまいます。

乳酸菌のインフルエンザに対する免疫力

ではなぜ乳酸菌が重症化するインフルエンザウイルスに効果的なのかというと、乳酸菌は免疫作用が大きく関わっている腸内環境を改善し、免疫パワーを強くする効果があります。

 

そうすることで体内に侵入してしまったインフルエンザウィルスを、体外に排出する力が強くなります。

 

腸内環境の改善は、インフルエンザに対する効果的な対策です。

 

免疫細胞の働きを活性化してくれるため、異物への反応スピードを飛躍的にアップさせ、発症する前に追い出してくれるようになります。

 

インフルエンザウィルスは、空気感染や飛沫感染など様々な方法で広がっていきますが、たとえ体内への侵入を許してしまったとしても、乳酸菌をたっぷり取り入れておけば、体内でのウィルス増殖を防止することが出来ます。

 

ヨーグルトやサプリメントなどを使用して、長期的に免疫力を高めていくことが重要です。