緑茶カテキンはどうしてダイエットにいいの?

コンビニのお茶でも内臓脂肪が気になる人などのキャッチフレーズを付け「緑茶=ダイエット」という認識がだんだんと強くなってきています。

 

しかし、その本当の効果というのを詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回はそんな緑茶カテキンのダイエットパワーについて紹介しましょう。

 

まず、緑茶カテキンは中性脂肪を減らしてくれる効果が期待できます。人は体を使うときにエネルギーを思っている以上に必要とします。

 

そしてその根源ともなっているのが食べ物に入っている脂質(お肉など)糖質(甘い物・ご飯)などを体内で分解することで生成される「中性脂肪」です。

 

ですから、中性脂肪とは元々悪い物質ではなく私たちの体になくてはならない物質なのです。しかし、中性脂肪は多すぎると体を壊してしまう危険性も持ち合わせています。

 

そんな中性脂肪を正常な量にしてくれると話題なのが、今回紹介している「緑茶カテキン」です。また、中性脂肪だけではなくコレステロールの数値も低くしてくれる効果が期待できます。

 

夏になると冷たい緑茶が飲みたくなりますが、熱めのお湯で飲むことでさらにカテキンが増え相乗効果を期待できるのでオススメです。

 

また、緑茶にはカテキン以外にも脂肪を燃やしてくれる「カフェイン」やむくみを解消してくれる「ナトリウム」など、ダイエットにピッタリの成分がふんだんに含まれています。

 

紅茶やウーロン茶よりもカテキンの量が多い「緑茶」で気になる体型を理想の体型にしてみませんか?

 

シェイプアップ乳酸菌の口コミ調査結果はこちら