シェイプアップ乳酸菌を飲むとピロリ菌対策にもまる!

ピロリ菌とは胃の中に生きているらせん状になっている細菌のことです。正式名は「ヘリコバクター・ピロリ」と言います。

 

このピロリ菌は幼少期に井戸水を飲んだことのある人にはほぼ感染していると言われており、それは大人になってもいなくなることはありません。

 

また胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍などの原因になるとも言われており大変恐い菌なのです。

 

大人になって感染した場合、非常に激しい胃の痛みが起きます。そこから慢性胃炎になり胃潰瘍や胃がんに繋がっていく可能性があります。

 

ピロリ菌が幼少期から大人になっても胃の中にいられる理由

通常食事をすると胃酸という物質が分泌されます。その胃酸は金属を溶かすほどの酸性である塩酸が入っており菌が生きられない環境です。

 

もちろんピロリ菌もそんな胃酸には負けてしまいます。ではなぜ何故ピロリ菌は死なないのかというとピロリ菌が「ウレアーゼ」という成分を分泌しているからです。

 

このウレアーゼは胃にある尿素をアンモニアに変える働きがあります。このアンモニア(アルカリ性)と胃酸(酸性)が混ざることでピロリ菌の周辺は中性となり、酸性だらけの胃の中でも生きていられるのです。

 

ピロリ菌を退治するためには?

なかなかしぶといピロリ菌。ですが健康にも影響を与え、できる限り退治したいのが本音ですよね。

 

実はピロリ菌の除菌効果において、最も期待できる乳酸菌は「LG21」です。

 

ピロリ菌はL21が出す乳酸には弱くL21がいる環境下では繁殖することができません。

 

シェイプアップ乳酸菌にはL21が300億個含まれている

シェイプアップ乳酸菌には乳酸菌の中でもピロリ菌退治に適しているL21が配合されています。

 

そして胃や腸のなかで定着してくれるので、ピロリ菌退治にももってこいのサプリメントとなってくれるのです。

 

ダイエット効果だけではなく健康的な効果も得られるのがこのシェイプアップ乳酸菌の最大のメリット。

 

ダイエットをするメリットは長生きする体をつくるということ。体の中から健康体を作るのに一役かってくれるのがシェイプアップ乳酸菌を選ぶメリットとも言えます。