植物性乳酸菌はなぜダイエットに効果的なの?

乳酸菌は糖を発酵して乳酸や酢酸を作る微生物の総称です。チーズやヨーグルトの中に生息する「動物性乳酸菌」と、日本の伝統食“味噌”“麹”“キムチ”などの発酵食品に生息する「植物性乳酸菌」に2種類があります。

 

動物性乳酸菌は死んでいても、善玉菌のエサになるのが特徴です。植物性乳酸菌は、塩分や酸性度が高い環境下でも生きていることから、体内に入っても胃酸などに負けず腸まで生きて届く強さを持ち合わせています。

 

この2種類の乳酸菌「動物性・食物性」を同時に摂取することで相乗効果が得られます。

 

乳酸菌はダイエットには便秘解消などの効果があることから、腸内環境の改善が役立つことは知られていますよね。理想的な人の腸内環境は、善玉菌が2割・悪玉菌が1割・日和見菌(優勢な側を味方して働く菌)が7割です。

 

悪玉菌はアルカリ性を好みます。なので、善玉菌を増やし活性化させるには、腸内を酸性に保つことが大切です。

 

この時役立ってくれるの有名な乳酸菌がラブレ菌で、食物性乳酸菌は生きて腸に届き、腸内を酸性に保つ手助けをします。

 

また糖を発酵し乳酸を生成する際に出る副産物には血圧を下げる、コレステロールを吸収されにくい物質へ分解、免疫力を高めるなどの効果がありダイエットを手助けしてくれる菌と言えます。

 

近年は食物性乳酸菌を利用したヨーグルトも数多く販売されています。プロバイオティクスという言葉を聞いたことはあるでしょうか?腸は寝ている間に活性化するので、夕食後に摂取すると効果的です。

 

またヨーグルトを作ったことのある人はご存知かもしれませんが、乳酸菌はひと肌(35〜40度)で良く働くので温めてとるとより効果が得られます。

 

ただ薬とは違いますので、すぐに効果が表れるものではありません。シェイプアップ乳酸菌にはダイエット効果が得られやすい乳酸菌や成分が配合されています。

 

お腹にも肌にもよい乳酸菌を摂取して、ダイエットを効率化させたい人にピッタリのサプリメントです。

 

シェイプアップ乳酸菌の口コミ調査結果はこちら